上尾胃腸科外科医院

上尾市上町の内科全般・消化器内科
!048!-!771!-!6553!

rss


〒362-0037
埼玉県上尾市上町
2−13−3

TEL 048-771-6553
FAX 048-771-7157

 
HOME»  消化器の症状

メインタイトル

胃もたれ

胃の運動異常のため、食べ物などが胃の中に残ってしまうことによる症状です。
胃がん・胃潰瘍・機能性胃腸症・胃食道逆流症・慢性胃炎などの他に、精神的要素や不規則な食生活などさまざまな可能性が考えられます。
食生活の改善で軽快する場合もありますが、胃の運動を調整する内服薬が必要な場合もあります。
内視鏡検査や腹部超音波検査などを行い、悪性疾患が隠れていないかどうか確認することが大切です。

むねやけ

胃酸が胃から食道へ逆流したときに起こる症状です。
みぞおちから胸部・背部への上がってくるような灼熱感です。
胃酸分泌過多・胃の入口部のゆるみなどによって起こることが多いので、胃酸分泌を抑えるような内服薬を処方することがあります。
過食・過飲・喫煙・就寝直前の食事摂取・肥満などの改善が必要です。
内視鏡検査で食道粘膜の「ただれ」などがみられると逆流性食道炎と診断されますが、「ただれ」のない非びらん性胃食道逆流症というものもあります。
逆流性食道炎は4〜8週間の内服治療が必要になります。

げっぷ

胃にたまった空気が食道を通って逆流し、口から出る現象です。
炭酸飲料接種・早食い・食べ過ぎ・ストレスによる空気嚥下などによることが多いです。
げっぷで出てくる空気はご自身で飲み込んでいる空気です。
胃の入口部のゆるみがあるとげっぷも出やすくなります。
過食・過飲・喫煙・肥満などの改善が必要ですが、胃腸機能調整薬や消泡剤等を処方することがあります。

嘔気・嘔吐

脳腫瘍・脳圧亢進
消化器疾患(胃がん・胃潰瘍・感染性胃腸炎・胆石症・腹膜炎・虫垂炎など)・腫瘍などによる消化管の閉塞
薬物性・代謝性(糖尿病によるもの・電解質異常など)・内耳性・婦人科疾患
神経症・抑うつ状態・乗り物酔いなどといったさまざまな原因の可能性があります。
安静で治るものから、内服薬による治療が必要なもの・点滴や絶飲食が必要なもの・手術などの治療が必要なものまでさまざまです。
嘔気・嘔吐以外の症状や、過去の病気の既往などを医師に伝えていただいた上で診断を受けることが大切で、診察によって必要な検査の種類も変わってきます。

便秘

健常者の排便回数は1日1回〜週1回くらいとされています。
排便は必ずしも毎日なくても大丈夫です。
回数に関係なく、いきみや不快感・残便感などの不満感がある場合は便秘と考えます。
便秘の原因はさまざまですが、加齢や運動不足・排便の我慢を繰り返すことなどが原因として多いようです。
大腸癌などが隠れている場合もありますので大腸内視鏡検査をお勧めする場合もあります。
1日1回の排便にこだわって刺激性の下剤を連用する方がいらっしゃいます。
刺激性の下剤は効果はあるのですが、連用により習慣性・依存性となる可能性があります。
最近は便秘に対する依存性の少ない薬剤が増えてきています。
また、摂取した方が良い食材や取り過ぎてはいけない食材もあります。
便秘でお悩みの方は是非ご相談にいらして下さい。

下痢

3週間以上続く慢性下痢と、それ以下の急性下痢があります。
細菌感染や細菌毒素によるもの・過敏性腸症候群や甲状腺機能亢進などによるもの・慢性膵炎などの吸収不良状態など原因はさまざまで、治療方法も異なります。
下痢止めを使うことにより治癒が遅くなる場合がありますので、使用には注意が必要です。
大腸癌などが原因の場合もありますので、診察の結果によっては大腸内視鏡検査をお勧めする場合もあります。

6週間以上下痢が続く場合には、過敏性腸症候群の可能性があります。
過敏性腸症候群はストレスによる症状増悪があり、特に出勤や登校途中の交通機関などで症状が増悪するものがあります。大勢の人前や改まった場所などでも増悪することがあり、単なる緊張や「気のせい」として軽んじられてしまうこともあります。下痢でお悩みのかたは是非ご相談にいらしてください。